読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

辺境の片田舎より愛を込めて

田んぼと墓場でどのようにナビしろと言うのだろうか。

シーズンインザダーク

今週のお題ゴールデンウィーク2017」


 5月の大型連休と言えばゴールデンウィーク。黄金週間とはよく言ったもので、これまで不定休であった私には無用の長物だったこの週間を改めて迎える日が来ようとは。

 完全週休二日制とは実に魔物と言えよう。


 聞けば、賞与も、福利厚生も退職金も有休も、労働者のクーデターを恐れた資産家による暗躍の結果だとか。


 つまるところ社会構造として、いわゆる持たぬ者は持つ者に対して負の感情を抱く傾向がある。そう、使用される側のことだ。会社で言えば役員と従業員の関係である。

 過去の歴史が証明してくれるように、持つ者と持たざる者の生活水準は天と地である。のちに使役する側を殺してでも引きずり下ろそうとするのが人間であるわけだから、資本家はよほど労働者のクーデターを恐れたとか。


 当然命あっての資産なわけで、あの世に銭はビタイチも持っていけない。

 かくなる上はなんとか現世を生きやすくするために、つまり学のある彼等はクーデターを起こさせない仕組み作りは必死であったと思う。


 階級制度はいまも昔も変わらずに、私たちの生活を平和に保っているのだろうか。

 別にニートだとか非正規労働者がえた、ひにんとは言わないが

 北の将軍様を見ながら来たるゴールデンウィークに想いを馳せる。

個人情報保護法改定に伴いまして

今週のお題「自己紹介」

どうしろっていうのか。この、インターネット上に恥じらいもなくつらつらと、自分の情報をつらつらと開示していけと言うのか。

それは、私がよくお世話になるFC2なるものに掲載される、世の少女らの承認欲求を満たすために挙げられたあられもない姿のように。果たして私は我が獲物を握り締めた醜態を曝け出すことが出来るだろうか。いや、出来るわけがない。


先日前作の劇場版攻殻機動隊を見た。

無機質な表情、感情のない眼差し、淡々と起こりうる物事に対して歩を進める。電脳世界へダイブした少女達のゴーストは何処へやら、そこには恍惚とした表情でカメラを前に股を開き股間を弄る獣が一匹。

自己紹介のなにが意味あるのだろうか。


話は変わるが備忘録として。

サクラが散った。先日の酒の席での失敗を忘れさせてくれるかのように、いつも停める駐車場近くのサクラが葉桜になっていた。

花びらとともに私の雇用も散らかさないよう、今月は頑張らねばと意気込み、いまはコーヒーをスタバで飲んでる。季節は失敗を過去のものにしてくれるので、今日はまたビールを飲もうと思った。

過去を過去とするために、今日は飲まないといけない。


5月末、個人情報保護法改定に向けて、開示できる情報はこんなところだろうと思う。

いやはやお恥ずかしい。

花見酒禁止令敢行につき

 いよいよサクラ前線が我らの故郷にも差し掛かり、町内至るところで満開のソメイヨシノヤマザクラを目にするようになった。それはもう、神社の境内や河川敷ではもちろんのこと、ショッピングモールや各学校敷地内では大量に植えられた木々が我こそが一番と言わんがごとく、まさに咲き乱れた光景があちこちで見られることとなった。なにやら年々増えているかのように感じる今日この頃である。

 サクラだけに。

 

 聞けば花見の歴史はその昔、平安の頃にはすでにあったとか。当初は遣唐使の影響もあってか桜よりも梅の方が人気があったようだが、流行というのはかくあるものか。現在では9:1で桜の圧勝だろうと思える。

 

 

 その業界、ニッポン列島の社会人の嗜みとは勤め先との円滑な人間関係を育み日々の業務の効率化を図ることと聞く。

 そのためには日々気配り心配りを忘れず、時にはティッシュも配り、冬に忘年会あらば行って宴会芸を披露し上席を楽しませてやり、新春に新年会あらば行って後輩を褒め称えその離職率を防止し、日照りの夏は外回りで数字を追い、寒暖激しい秋には追い込み、みんなにデクノボーと呼ばれいつもニコニコ笑っている。

 

 一見なんでもない様に見えるがその内情の過酷さはこれまで温室育ちの観葉植物、つまり新社会人を早々に廃し、世界でも類を見ない戦後復興国として30代前半までの死因第一位をある「特攻」へと至らしめた。

 まさにいま、私の前に立ちふさがる一つの障壁として現れたのが、大日本サクラ花見と称した社内交流会、イベントが一つ「強制参加飲み会」である。

 

 どういうわけか2、3日前に本イベント発生という社会人のスケジュール管理体制の素晴らしさを思わせるスライディングに審判である私も思わず苦笑い。今月業績の社内査定を控えている身としては心身ともに衰弱していた模様で、遠くから聞こえる「強制参加(他は自由参加)」の号令を聞いていないフリをしていた。

 当然である。

 仕事の出来ない私には達成の文字が未だ遠く、社内交流している暇があるぐらいなら業務に関係ない謎の運動でもして日々の混乱を解きたいところだった。しかしそれは許されない。なぜなら私は社内最年少。後輩社員はたくさんいるが、社会人一年生のような空気読めない立ち振る舞いを私がする訳にはいかない。それが日本のルールというものだ。

 

 しかしどうして日本人は花見と称してサクラなど見向きもしないのか。花より団子といいながら団子どころかアルコールで脳みそ溶ろかそうというのだから驚きだ。

 大いに毛根に不安がある先輩は私の名を呼んだ。

「当然来るよな?」

 

 「当然」笑顔で応えた私には、どういうことか。そこから次の日の朝までにどうやってiphoneの液晶が無くなるまで大破し、スーツは地面を転がったようにただただ汚れ、家の玄関前には赤ワインを薄めたような鮮やかな赤色の吐瀉広場を作り上げたのか、まったくもって覚えていないのである。

 タイトルへ戻る。